初心者もこれで安心!|暗黙のルール サンキューハザード、パッシングなど

このページは、教習所では教えてくれない一般のドライバーの間で暗黙の了解となっている交通マナーやルールをご紹介しています。
「こんなルールもあるよ」という方は、お問い合わせ先にお送りください。



1.ハザード

一般公道でのハザード
道を譲ってもらったときなどに後続車へお礼の意味でハザードを2~3回
点滅させます。サンキューハザードと言います。

高速道路などでのハザード
前方が渋滞して急に減速した時や事故があって停止した時など、後続車へ注意を促す」ためにハザードを点滅させます。
ブレーキランプでは気付かれにくいので、より目立つようにハザードを使用します。

また、渋滞の最後尾にいる時も減速を促すために点滅させます。
渋滞の場合は、前の車や後ろの車もハザードを点滅させるので、同じタイミングで使用すれば大丈夫です。

2.ウィンカー

左ウィンカーは「お先にどうぞ」
後続車が追い越しをかけようとしている場合や煽られたら左ウィンカーを出して左に寄り、道を譲ります。

逆に道を譲ってもらったら「ありがとう」という意味でサンキューハザードを点滅させましょう。

高速道路での右ウィンカー
追い越し車線で、後ろの車が「右ウィンカー」を出している場合は、前の車に「左側の車線によってくれ=遅い車は、どいてくれ」というメッセージです。

パッシングよりは柔らかいメッセージですが
おとなしく道を譲りましょう。


3.パッシング

高速道路での後続車からのパッシング
右ウィンカーと同様ですが、「邪魔だからどいてくれ!」という強いメッセージです。
もっと強引な車は「ハイビーム」のまま迫ってきます。

「私は制限速度を守っているのだから・・・」と思っても、譲らないと煽られたり危険な幅寄せされ、余計不愉快になります。
パッシングやハイビームは暴走車や自己中心的な人が多く使いますので早めに道を譲りましょう。

■対向車のすれ違い時の)パッシング
対向車が、「この先で『ネズミ捕り(速度違反の取締り)』や『検問』やっているから注意してください」というメッセージです
もしくは、「あなたの車のヘッドライトが眩しいです(ハイビームのままだったり、光軸がずれていませんか?)」という意味もあります。

トラックの運転手さんやバイク乗りは、仲間意識が強いので教え合うことが多いようです。

横断歩道などでのパッシング
停止している時の対向車へのパッシングは、「横断者がいるからあなたも協力してください」というメッセージです。

4.その他

■渋滞中の合流は1台ずつ
高速道路などでの渋滞に合流する(させる)場合は、「1台ずつ」譲ります。譲ってもらった時はサンキューハザードを点滅させましょう。

■道を譲る時はヘッドライトをスモールライトに
交差点で前方から来る右折の車に道を譲る時など、スモールライトにして(昼間ならパッシングして)「お先にどうぞ」というメッセージを送ります。
サンキューハザードは相手に見えないので、
を挙げて合図するか、軽いクラクションで御礼の意思を示します。

■大雨やキリっぽい時は昼間でもライト点灯
雨粒や霧で前の車両が見えにくい時は昼間でもライトを点灯します。特に、後ろから来る車に対して自分の車を見えやすくするために、自分は前が見えていても早めに点灯するようにします。