メールマガジン登録


 


メンナビ


HOME >> ちょっと教えて! >> カテゴリ免許を取ろう! >> 原付免許を取りたい

カテゴリ:免許を取ろう!

更新日時:2013/4/3 9:35
質問
No.3 質問:原付免許を取りたい
質問者:katashi 原付免許を取るためにはどうすればいいですか。
教えてください。
2013/4/3 8:50
回答受付中
免許を取ろう!

回答
回答者:inoue 原付免許取得時の講習
原付バイクの試験を受けるには、事前の原付講習の予約が必要です。
※試験後に原付免許取得時の講習を受ける場合もあります。各都道府県により異なります。各都道府県免許センターにお問い合わせください。
http://www.wakabanet.jp/modules/page/menkyocenter.html

・講習時間 3時間
 学科1時限  技能2時限
・講習当日に必要なもの
 忘れ物があると受講できない場合があります。ご注意下さい。
身分を証明することができるもの(学生証、健康保険証、パスポート等)
住民票1通(本籍地記載のものを確認し、講習後に返却します)
印鑑、筆記具
運転できる服装(長袖、長ズボン、手袋、運動靴)
注)半袖、半ズボン、スカート、サンダルの方は受講することができませんので、当日はキャンセル扱いとなります。ご注意下さい

※1:予約を取らないと、受講できません。
※2:習得状況が不良の場合、再受講となる場合があります。
※3:原付講習を受講する前に学科試験に合格しても、終了証明書が無いと免許証の交付が受けられません。
2013/4/3 9:35

回答
回答者:admin 原付免許取得するためには

都道府県の運転免許センターにて試験を受けます。
適性検査をクリアし、学科試験に合格した後、原付講習を受けて初めて原付免許が取得できます。
※県によっては、学科試験の事前に原付講習を実施する場合もあります。
※原付講習は、各都道府県の自動車教習所でも行われています。(予約が必要)

取得条件
年齢:16歳以上
視力:両眼で0.5以上。(矯正器具使用可)
   左右どちらかの目が見えない場合は、残りの視野角が150度以上ある(矯正器具使用可)
聴力:90ホンの音が10メートル離れていても聞き取れる
色彩:1(赤・青・黄の区別が付くこと)
※身体障害をお持ちの方でも試験を受けることができる場合があります。基準については、最寄の運転免許試験会場の相談窓口でご相談下さい。


原付免許申請手続きまでに準備するもの

・運転免許申請書(試験場にあります)
・受験票(試験場にあります)
・住民票1通 (発行後6ヶ月以内で本籍地 の記載のあるもの)
・顔写真 (撮影後6ヶ月以内でタテ30mmヨコ24mmのもの)
・印鑑(認め印で可)
・筆記用具(HB以上の鉛筆、ボールペン、消しゴム等)
・費用 7,450円
(試験手数料1,650円+交付手数料1,750円+原付講習料4,050円)
・メガネやコンタクトレンズ(視力矯正が必要な人の場合)
※ 都道府県によって費用などが異なりますので、
各運転免許センターにて確認してください。

※合格した場合、技能講習がありますので運動しやすい服装で運転免許センター行きましょう。

学科試験の内容
30分間で交通法規を中心とした文章問題が46問、イラストによる危険予測問題が2問出題されます。文章問題が1問1点、イラスト問題は1問2点の50点満点の試験となります。45点以上を獲得できれば合格となります。

・免許センターで合格後、運転免許は即日公布されます。
2013/4/3 9:14

ログイン【ゲスト】
ユーザー名:

パスワード:

パスワード紛失
このページのQRコード スマートホーン/モバイル